五月人形と鯉のぼりはどちらも必要?いつからいつまで飾るの?

5月5日は端午の節句。男の子の誕生を祝い、逞しく健やかに成長するのを祈る日です。男の子が生まれたら初節句までに準備したいですよね。さて五月人形と鯉のぼりはどちらも用意した方が良いのでしょうか。それぞれ意味があります。こちらの記事では五月人形と鯉のぼりについて簡単な意味と飾る時期について書いています。

スポンサーリンク

五月人形と鯉のぼり

五月人形は江戸時代に子供に災いがかからないように・子供の身を守るという願いを込めて鎧や兜を飾る風習が広がりました。男の子が立派に逞しく成長するように、そして受験や就職、結婚など人生の幸福に恵まれるようにという気持ちを込めて飾ります。

一方、鯉のぼりは中国で「竜門の滝を登った鯉は竜と化す」といわれた故事にならい、出世魚の象徴である鯉を立身出世を願い飾ります。

スポンサーリンク

健康に育つことを願う五月人形と将来の出世を願う鯉のぼり。どちらも揃えてあげたいものですが鯉のぼりはマンションやアパートだと設置が難しいですよね。ですが最近では室内用の鯉のぼりも売っています。我が家にも小さめのケース入り兜とかわいらしい小さな鯉のぼりがあります。それぞれは値段も安くサイズも小さいのですがふたつ並べて飾ると迫力が出ますよ。

ちなみに五月人形は赤ちゃんの身代わり・一人ひとりのお守りです。次男・三男が生まれた場合は出来れば新たにに用意してあげてください。

飾るのはいつからいつまで?

春分の日を過ぎてから4月中旬までには飾りましょう。せっかくですから短期間ではもったいないので忘れずに出してあげたいですね。片付けるのは端午の節句を過ぎて5月中頃を目安にお天気の良い日に片付けると良いでしょう。五月人形も鯉のぼりも飾る期間は同じで大丈夫です。

まとめ

五月人形も兜も鯉のぼりも多種多様なものがあります。ご自宅にあったサイズのものを選びやすくなっているのでぜひお子様のために揃えてあげてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。