さっぽろ雪まつりへ行くのに服装や靴はどうする?

さっぽろ雪まつりをメインに北海道へ旅行に行く方も多いと思います。雪に慣れていない地域から行く時は真っ白な道を滑らずに歩くにはどうしたら良いのか、どれだけ寒いのかわかりませんよね。北海道の人は雪道の上でも平気で走ったり歩いています。何も特別な靴をはいているわけじゃないのです。そこでこの記事では雪道を歩くコツなどお祭りを楽しめるようなアドバイスを書いています。

スポンサーリンク

さっぽろ雪まつりオススメの服装

本州で梅が咲く頃、北海道の2月はまだまだ真冬です!最も厳しい寒さが2月なんです。それでも日差しはだいぶ暖かくなってきますので天気が良く風の無い日だと厚着をして歩いていると結構汗ばんできたりもします。ですが曇りや吹雪、雪が降ってかたり風が強い日はかなり厳しい寒さとなります。マフラーや帽子、手袋などで調整してください。ダウンコートやジャケットは厚手のものを。中に着る服は薄手のニットやセーターで大丈夫です。会場内は結構歩いて動きますし札幌市内の建物の中は暑くて汗をかくぐらい暖房が効いています!移動する時は地下へ入りましょう。札幌駅からすすきの駅までまっすぐ通路となっていますので移動時は地下に入り目的地の近くで地上に出ると良いですよ。

スポンサーリンク

さっぽろ雪まつりオススメの靴

私は生まれてからずっと北海道に住んでいますが滑り止めの金具が付いた靴やスノーブーツをわざわざ買って履いたことは無いです。かといって夏靴ではさすがに寒くて歩けませんので最近はずっとムートンブーツです。冬用のムートンブーツも売っていますが冬用じゃなくても歩けます。雪祭りのために高いスノーブーツを用意しなくても大丈夫です。歩き方のコツがあって北海道の人はどうやら自然と身についているようです。

  1. 実は意外と圧雪になっている場所は滑らないです。
  2. つるつると表面が氷になっている場所は滑るので避ける。
  3. 横断歩道は滑りやすいので焦らずゆっくり歩幅を小さく。車も滑って横断歩道内へ侵入してくることがあるので周りをよく見てから渡ること。
  4. おそるおそる足をつけると危ない。どっしりと足の裏全体で踏む。
  5. イメージはペンギンの歩き方。あまり足を上げずに歩く。

ムートンブーツなどヒールが無くて足の裏全体が地面につきやすく力を入れやすい靴がおすすめです。心配な方は靴屋さんで後付け用の滑り止めの金具が売っていますので現地で購入してください。

まとめ

雪祭り会場は人が多く流れに合わせていれば大丈夫だと思いますが、ぶつかるなどして態勢が崩れると滑って転ぶことがあります。雪道に手をつくと大変痛いし冷たいので手袋は必ずつけてくださいね。インフルエンザも流行時期ですのでマスクも忘れずに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。