恵方巻を簡単手作り子供用におすすめの具材は?

子供が3歳ころになると色々と行事に関心も持つようになってきますよね。テレビで紹介されているものを自分もやりたい、食べたいなんて言うようになります。節分になると恵方巻が必ず売られてテレビでもよく紹介されます。子供も食べたいなんて言うかもしれません。ですが恵方巻の大きさは子供には大きすぎますよね。そこで簡単に手作りで子供用に用意してはいかがでしょうか。樹

スポンサーリンク

恵方巻を簡単に手作りしよう

恵方巻とは節分に恵方を向いて口を離さず最後まで食べる巻きずしの事ですよね。中の具材は商売繁盛や無病息災を願い七福神に因んで7種類、その福を巻き込むという意味があるようです。というのは置いておいて、今回は子供用なので7種類も具材を入れたら結局太くて大きい巻き寿司になってしまいますので具材は気にせず作りましょう。

恵方巻といってはみましたが簡単にラップで細巻きを作ってしまいましょう。細巻きのハーフサイズなら小さなお子様でも『恵方巻』というイベントを一緒に出来て楽しめますよね。

スポンサーリンク

子供用の恵方巻おすすめ具材

お子様が好きな具材を選んで作っていただければ喜んでもらえると思いますが、ここではおすすめの具材を書いてみました。参考にしていただければと思います。

  • カニカマ
  • きゅうり
  • いくら
  • チーズ
  • たまご
  • エビ
  • 納豆

大きさが大丈夫そうであれば2種類~3種類の具材を入れても良いですし、小さなお口の場合は一種類でも良いかもしれません。子供用に作る場合は恵方巻という概念に捕らわれずに子供に美味しく楽しめるように作ると良いと思います。

まとめ

恵方巻は切らずにそのままかじりついて最後まで食べるのが習わしですが、無理をするとのどにつまらせて危ないので子供に食べさせる時には食べやすい大きさに切るようにしてください。もしもイベントを楽しみたいならやはり最初から食べきれる大きさ・太さで作られることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。