縁起の良い初夢とはどんなもの?一富士二鷹三茄子の意味は

年が明け元旦の朝、新しい1年の始まりです。縁起の良い初夢を見ることが出来たら1年ずっと良いことが起きそうな気分になりますよね。ところで縁起の良い初夢とはどんなものをいうのでしょうか?よく言われるのは一富士二鷹三茄子ですがあまり意味は知られていませんよね。そこでこの記事では縁起の良い夢とはどんなものか、一富士二鷹三茄子の意味について書いています。

スポンサーリンク

『一富士二鷹三茄子』その意味は

初夢で見ると縁起が良いと言われているもの。それはほとんどの人が知っていますよね。ですがその意味はあるのでしょうか。なぜ一富士二鷹三茄子なのでしょう。

この三つの組み合わせは江戸時代初期の文献にも残っており、これらは全て江戸幕府初代将軍 徳川家康のお膝元「駿河」にちなんでいます。この三つの組み合わせについては諸説あります。

  1. 徳川所縁の地である駿河国の高いものの順番である。富士山⇒愛鷹山⇒初物のナスの値段
  2. 徳川家康が富士山・鷹狩り・ナスを好んだ
  3. 富士は日本一高い山、鷹は賢く強い、ナスは事を「成す」
  4. 富士は無事・不死に通じるとも

古くから初夢で一年を占う風習があり、天下を統一し将軍になった徳川家康にあやかって出来た言葉なのです。

スポンサーリンク

縁起の良い夢

縁起の良い初夢を見たいけれども一富士二鷹三茄子が出てくる夢を見る事ってほとんどありませんよね。他にも縁起の良い夢を見る事が出来たらそれでも気分が良く正月を過ごせそうです。縁起の良い夢とはどんなものがあるでしょうか。

  • 火事・地震の夢・・・人生の転機、モチベーションの変化
  • 白い蛇・・・財運、金運が上がる
  • 日の出・・・人生の転機や幸運の訪れ
  • 虹がかかる・・・すべての運が上昇する

※同じ対象の夢でもシチュエーションによって良い夢から悪い夢と変わることもあります。

縁起の良い夢を見るためには

良い夢を見るためには七福神の乗っている宝船の絵に「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな」という回文の歌を書いたものを枕の下に入れると良いと昔からいわれています。(※長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)

現実的には部屋を暗くし、リラックスした状態で眠ることが大事です。年末は忘年会や仕事の追い込みなど飲み会が続き疲れが溜まっている事と思います。しかし疲れたまま新年を迎えては良い夢も見れないですよ。お風呂にゆっくり入り身体を温め布団に入って穏やかな気持ちで眠ることです。

眠る前には強くこんな夢が見たいと思うことも大事ですが、悪い内容の夢が吉夢だったりしますからあまり思い浮かべにくいかもしれませんね。あまり辛いことや悪いことを考えず楽しいこと幸せな気分で眠るようにすると良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。