結婚式にパンツドレスはダメ?おすすめのコーディネート

結婚式といえばワンピースなどいわゆるおよばれ服で出席するのが一般的ですが、子連れや冬だからなど様々な理由でパンツスタイルで出席したい方もいます。最近は店先にもパンツスタイルのドレス(パンツドレス)が並んでいます。スカーチョやガウチョなどの流行からきているのでしょうか、ロングドレスのようで実はパンツドレスというものもあります。しかし結婚式にパンツスタイルで出席しても良いのか悩みますよね。この記事ではパンツドレスがマナ-違反になるのか、コーディネートはどうすれば良いのか書いています。

スポンサーリンク

結婚式にパンツスタイルはダメ?

結婚式はフォーマルなシーンですから立場や時間などによって着る服装が決まっています。主にお呼ばれされる側は準礼装で行く事が多いと思います。準礼装は結婚式と聞いて思い浮かべるよくあるワンピースドレスをイメージすると良いでしょう。入学式や卒業式に着て行く服装もこれにあたります。

さて、気になるパンツスタイルは準礼装・略礼装になります。同じ準礼装なので結婚式でも問題はないんですね。ただしパンツドレスでもカジュアルすぎるものは避け、アクセサリーなどで華やかさをプラスした方が良いです。

格式高い場所での結婚式の場合にはパンツスタイルは避けた方が良さそうですが、最近はレストランウエディングなどカジュアルな結婚式も多いので式場に合わせて選ぶ事をお勧めします。

スポンサーリンク

パンツドレスおすすめコーディネート

では実際に結婚式へパンツドレスで出席する場合、どのようなコーディネートが良いでしょうか。パンツドレスだけだとあまりにもカジュアルなので持ち物やアクセサリーなどで華やかさをプラスして下さい。また、色もブラックだと暗くなりますのでブラックのパンツドレスの場合は腰元にゴールドのチェーンなど飾りとなるものをつけると華やかになります。

髪型はアップスタイルがおすすめです。髪にも大きめのアクセサリーかパールを散りばめたり目線が上にいくようなコーディネートに。

耳元にはピアスやイヤリングを。揺れるものや大きめの飾りが付いていると良いです。

メイクも少しラメを使用するなどいつもより華やかになるようにすると良いです。

首元にはネックレスを。ネックレスはパンツドレスの色に負けないものを選びます。

パンツドレスはカジュアルになってしまうのでバッグは華やかで明るいものを。

靴は履けるならヒールを選びます。パールなどの飾りが付いているものが良いですが無ければアンクレットを着けても華やかになります。

まとめ

パンツスタイルでもアクセサリーなどで華やかさをプラスすれば結婚式へ着て行っても大丈夫です。ただし年配の女性は嫌う傾向があるかもしれません。ちなみに私も過去2回ほどパンツスタイルで出席した事があります。今、流行っているようなパンツドレスではありませんでしたがその時は同席していた60代の紳士に「みんな同じような服着て制服のようだ。貴方の恰好は素敵ですね」と言ってもらえました。

パンツドレスは良い素材であっても周りからはカジュアルに見えることがあります。普段着に見えないようアクセサリーなどで華やかさをプラスすることを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。