インフルエンザに感染したら薬はいつ飲む?出席停止はいつまで?

インフルエンザの流行時期になると予防接種を受けるのに色々と調べたりしますよね。ですが実際に感染した場合どうするべきかご存知でしょうか。インフルエンザウイルスは薬によって治療が可能です。しかし発症から時間が経ってしまうと効果がなくなるものもあるのです。この記事ではいつ薬を飲むべきなのかなど感染してからの事について書いています。

スポンサーリンク

インフルエンザに感染したら薬はいつ飲む?

抗ウイルス薬のタミフルは発症から48時間以内に飲み始めなければ効果がほとんどありません。主に発熱期間を短くする効果が期待できる薬です。症状が現れてから直ぐに病院へ受診してもインフルエンザの検査結果が陰性となる場合もあります。その際は翌日に再度病院へ行かれてください。

インフルエンザウイルスは気道に感染し悪さをするのは気道から上だけなのです。薬を胃へ入れるより吸入タイプの薬で直接気道へ薬をあてるというものもあり、より効果があります。吸入薬のリレンザやイナビルが該当しますが3歳くらいまでの幼児には適さないので注意が必要です。

スポンサーリンク

タミフルは飲みたくない、という方には対症療法として症状を和らげる薬や漢方薬などもありますので医師によく相談してください。

発症してから出席停止はいつまで?

インフルエンザを発症してから発症した日から5日間さらに解熱後3日間が経過過ぎるまで出席停止となります。現在は薬のおかげで早く症状が改善したり、もともと症状が軽かったり熱が出なかったりという事もありますがウイルス自体はしばらく身体に残りますのでこの期間は外出を控えましょう。自身の体調が戻っていても他の人にうつす可能性は高いです。

社会人の場合、特に出勤停止期間は決められていません。それぞれの会社の規則に準すると思いますがインフルエンザを発症した場合、無理して出勤をしても他の人が感染してしまう恐れがありますので最低3日間は自宅で休養された方が良さそうです。

まとめ

予防接種を受けているとインフルエンザを発症しても症状が軽かったり熱が微熱程度しか出なかったりすることもあります。それでも微熱が何週間も続くといった事もありますので、インフルエンザに感染した恐れがある場合はすぐに病院へかかり診断を受けるようにしましょう。自分は大丈夫と思っていても周りの人に感染を広げる事になってしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。