初節句の雛人形は誰が買う?お返しは必要なのか

女の子が生まれるて最初の3月3日は初節句。女の子の誕生を成長をお祝いする行事です。欠かせないのはやはり雛人形ですが、小さなものでも高価なものですよね。この雛人形は誰が買うべきなのでしょうか。贈り物として頂いた場合はお返しは必要なのか結構わからないことが多いですよね。この記事では誰が雛人形を購入するのかお返しは必要なのかについて書いています。

スポンサーリンク

初節句の雛人形は誰が購入する?

雛人形は親が購入することもあると思いますが、可愛い孫のため、おじいちゃんおばあちゃんが買ってくれるという家庭が多いでしょう。雛人形は古くから嫁入り道具の一つとして考えられていたため、母方の実家が贈ることが多いです。ただしこれは風習なので正解はありません。父方の実家から贈られることもあれば、親自ら購入することもあります。誰が購入しても間違いではないのです。ただ古くからの風習でいうと母方の実家が贈るというのが一般的に考えられています。

スポンサーリンク

雛人形のお返しは必要か?

親あるいは義両親から雛人形を贈られた場合、お返しは必要なのでしょうか。一番段の少ない親玉飾りでも5~12万する雛人形。決して安くはないですよね。お返しはするべきなのでしょうか。

雛人形が贈られるのは親ではなく孫つまり子供に対してなので、お返しをするのは子供という事になります。雛人形に関わらず子供が頂いた贈り物に対してのお返しは不要というのが一般的です。ただし、お返しはしなくて良いからといって何もしないのは失礼になります。

雛人形を受け取ったらすぐにお礼の電話や手紙(メール)をしましょう。また、初節句ひなまつり当日にはささやかでも食事会を開き雛人形を贈ってくれた親あるいは義両親を招待します。その際に飾った雛人形の前で子供と一緒に写真を撮り後日、写真を渡すと喜んでくれるでしょう。

ただ普段、義両親とは交流が少なくお返しをしないのは不安だという場合や遠方で当日会えない場合は内祝いを送っておくと安心ですね。雛人形は高価なものなので貰いっぱなしは少し不安もあります。お返しは高価なものじゃなくても気持ちが充分に伝わりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。