ひな祭りの由来と行事食について

雛まつりは女の子の初節句に雛人形を飾り、健やかな成長と幸せを願い誕生をお祝いする行事です。昔からひな祭りはありますがそもそも由来はどんなものがあるのでしょう?ひな祭りで食べる食事にも意味はあるのでしょうか。この記事ではひな祭りの由来と行事食の意味について書いています。

スポンサーリンク

ひな祭りの由来

その昔、日本では「流し雛」といって紙の人形(ひとがた)に自身の生年月日を書き身に降りかかる災難を人形(ひとがた)に移し川に流していました。また「雛(ひいな)あそび」といって貴族の子供していた人形遊びがあります。
このふたつが合わさり「雛祭り」の語源となったといわれています。

桃の節句

さてこの雛まつりですが桃の節句とも呼ばれますよね。日本には五節句といった節句の行事が5つあります。それぞれの季節の節目(節句)に身の穢れを祓い、健康長寿や厄除けを願う行事です。

五節句

五節句の「節」は季節の変わり目のことです。

人日(じんじつ)1がつ7日 七草の節句
七草がゆを食べ一年の豊作と無病息災を願う

上巳(じょうし)3月3日 桃の節句
雛祭り。女の子の誕生と成長を祝う

端午(たんご)5月5日 菖蒲の節句
子供の日。男の子の誕生と成長を祝う

七夕(しちせき)7月7日 笹の節句
短冊に願いを書き笹に飾ると願いが叶う

重陽(ちょうよう)9月9日 菊の節句
邪気を祓い長寿を願って菊の花を飾る

ひな祭りの行事食

ひな祭りは雛人形そして厄を祓う桃の花を飾り、白酒・行事食を食べます。ひな祭りの料理は女の子の健康や成長を願い、縁起の良いものが並びます。

スポンサーリンク

菱餅
一般的には緑・白・桃色の3色のものが多いですが地域によっては5色や7色のものもあります。古代中国で上巳節で食べられていた「母子草」を入れた餅が、日本では「よもぎ」に変わり、江戸時代には白い餅、明治時代に桃色の餅が加わり3色になったといわれています。3色それぞれにも意味があり、

桃(クチナシ):魔除け、桃の花を表す
白(菱の実) :子孫繁栄・長寿、残雪を表す
緑(よもぎ) :厄除け・健康、若草を表す

そして菱餅の形がひし形なのには大地を表しているとか心臓を象っているなど諸説あります。

白酒
ひな祭りで出されるお酒の事です。桃が百歳を表す「ももとせ」に通じている事から
桃の花を清酒に浸した「桃花酒(とうかしゅ)」が飲まれていました。時代が変わり江戸時代からはもち米や焼酎などで作った「白酒」や「甘酒」と変わりましたが。白酒はアルコール度数9%と甘酒とは違いますので子供は飲めません。

ひなあられ
古い日本では女の子がお雛様(人形)を連れ春の景色を見せる「雛の国見せ」という風習がありました。この時に持っていく食べ物がひなあられの基となっていると言われており、菓子についている色には菱餅と同じ意味があります。(白色は雪、緑色は木々の芽、桃色は生命)

地域によってしょっぱいもの、甘いものとあるようです。

はまぐり
はまぐりは、平安時代には「貝合わせ」遊びなどで知られ、ひな祭りの代表的な食べ物です。はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物。

ちらし寿司ちらし寿司そのものにいわれはありませんが、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具が祝いの席にふさわしく、三つ葉、卵、人参などの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなりました。

まとめ

子供に尋ねられた時に簡単にでも由来を教えることが出来ると良いですよね。ひな祭りの行事食は揃えるととても華やかになりますのでぜひ用意してみんなで美味しくいただきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。