春分の日とはどんな祝日なの?春の彼岸と呼ばれる理由は?

3月唯一の祝日「春分の日」ですが、ところで春分の日ってなんだろう?と改めて考えてみるとよくわかりませんよね。「節分」や「こどもの日」などはどんな祝日がほとんどの人が知っていますが「春分の日」はどうでしょう?この記事では「春分の日」について書いています。

スポンサーリンク

春分の日とはどんな祝日?

春分の日とは日付が固定されておらず、毎月変動しますが3月20日および21日のどちらかが多く、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」と法律で定められた祝日です。
その日付は、祝日法の上では「春分日」としており、前年の2月1日に国立天文台が作成する「暦象年表」という小冊子に基づいて閣議で決定され官報で発表されます。

春分日とは昼と夜の長さが同じになる日です。太陽が南側から北側に横切る点を春分点といいます。 太陽が春分点に来る日は、太陽は赤道上空にあることになり、太陽が真東からのぼり真西に沈みます。

春の彼岸

春の彼岸と呼ばれるように、この日の前後にご先祖様への感謝の気持ちを伝えるためにお墓参りに行く習慣もあります。

昔、人々は春分の日を春の訪れを祝う日としていました。同時に祖先に感謝をするお祭りを行い、この風習は農村部で長く続いてきました。明治時代、春分の中日を「春季皇霊祭」と定め、宮中において祖先を祭る日となったのをきっかけとして、一般市民の間でも祝日とされました。その後1948年に自然に感謝する日「春分の日」と法律で定められましたが、現在も先祖の墓参りをするお彼岸のイメージが残っています。

スポンサーリンク

春の彼岸とは、春分の日を中日とし前後3日間を合わせた7日間と、その期間に執り行なわれる仏事をいいます。仏教では極楽浄土は西の彼方にあると考えられています。真西に太陽が沈む春分の日はあの世(彼岸)との距離がもっとも近くなる日と考えられてきました。そのため春分の日は春の彼岸と呼ばれ、お墓参りをする風習があるのです。

また彼岸には牡丹餅(ぼたもち)を供え食す習慣があります。春の彼岸では春に咲く牡丹の花にちなみ、「牡丹餅」を食べます。ちなみに秋は萩の花にちなんで「おはぎ」といい、「御萩」と書きます。

2018年の春分の日はいつ?

2018年の春分の日は3月21日(水)となっています。

ちなみに昨年2017年は3月20日(月)でした。

まとめ

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、これは冬の寒さも春の彼岸まで。夏の暑さも秋の彼岸までとう意味からきています。彼岸には祖先へ感謝の気持ちを込めてお墓参りを行います。春分の日は春の彼岸なので秋分の日と同じようにお墓参りをする日なのです。

暖かくなってくる事の祝日、春の芽吹きを感じながら祖先への感謝の気持ちをこめてお墓参りへ出かけるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。