授乳中インフルエンザに感染したら母乳へ影響はある?薬は飲んでも良い?

寒い時期になるとインフルエンザが流行しだしますが、小さいお子さんがいるママはできるだけ感染したくありませんよね。特に授乳中となれば万が一インフルエンザに罹った場合、母乳への影響や薬の服用など気がかりがたくさんあります。
この記事では授乳中にインフルエンザに罹った場合、母乳への影響について書いています。

スポンサーリンク

授乳期にインフルエンザに罹った場合、母乳へ影響は?

万が一インフルエンザに罹った場合、母乳からウイルスが赤ちゃんへ感染するのではないかと心配になりますよね。

インフルエンザウイルスは感染者の唾液を介した飛沫感染と接触感染で感染します。そのため母乳からの感染はほぼ無いのです。母乳からの感染よりも母乳により密着することで赤ちゃんが感染してしまう可能性の方が高いです。

母乳自体には感染力は無く、いつもと変わらず赤ちゃんにとって大事な栄養源であり、授乳をやめることでおっぱいが張って痛くなったり乳腺炎になってしまえば更に辛い思いをします。無理に授乳をやめる必要は無いですがママが授乳をすることが辛い時や、授乳で密着する事での感染がどうしても心配と懸念するならば、搾乳をして哺乳瓶で非感染者にあげてもらうのも良いでしょう。

ちなみに私の子供は哺乳瓶の乳首を全く受け付けてくれないので、ミルクでも搾乳でもあげる場合はスプーンであげていました。でもやっぱり母乳じゃないとちゃんと飲んでくれませんでしたね…。

授乳を続けることでの母乳の効果

もしもママから赤ちゃんにインフルエンザがうつっても,母乳を飲ませ続けているほうが症状が軽くてすむと言われています。母乳の中には赤ちゃんを感染から守る細胞や物質が含まれています。母乳を中断する ことによって、赤ちゃんはこれらの免疫を受けられなくなります。ママがインフルエンザの症状を出す前にすでに赤ちゃんも感染している可能性があります。そのため引き続き母乳を飲ませるほうが、隔離して母乳を中断するよりもむしろ安全と言われています。母乳中の免疫のおかげで、赤ちゃんが感染しても軽症ですむと言われているのです。

スポンサーリンク

授乳する時に注意する事

先にも述べたようにインフルエンザは飛沫感染と接触感染によって感染します。授乳する際にはマスクを装着し、赤ちゃんに授乳する準備のいちばん最後に手洗いを行います。授乳以外でも手洗いは何かの動作の前と後で行うように意識して頻回に行うようにすると良いです。

高熱によって身体は脱水状態になりやすく、授乳でも水分が奪われます。高熱が出ている場合はいつもより多く水分補給をしてください。

インフルエンザの薬は母乳に影響ある?

もしもママがインフルエンザに感染したら最も近くで過ごす赤ちゃんへの感染が心配です。なるべく早くママの症状を抑え回復することが大切ですよね。インフルエンザになった場合は早めに病院で診察を受けることをおすすめします。その際は授乳中であることを伝えましょう。

抗インフルエンザ薬でよく知られるタミフルは、服用しても母乳への薬の影響はほぼ無いとされていますが発症から48時間以内に飲まないと効果が無いこともあり、リレンザやイナビルといった吸入薬をおすすめします。吸入薬は上気道で効果を発揮し、ほとんど体内へ吸収されませんので授乳中でも安心です。ただし副作用もありますので医師とよく相談してください。

まとめ

インフルエンザを早く治すにはゆっくり安静にして過ごすことです。出来るだけ周りの人に協力を求めて休みましょう。また、授乳中でもインフルエンザに罹った場合は授乳を無理にやめる必要はありません。授乳を急にやめることで乳腺炎になりインフルエンザとの二つの症状でよりつらい思いをすることもありますし、赤ちゃんも哺乳瓶を受け付けない子もいますよね。しっかりと休息をとり、水分をたくさん飲んで無理しないように周りの協力を得ながら子育てをしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。