肺炎の完治までの期間や目安は?症状の緩和方法は

肺炎になると激しい咳や高熱・たんに苦しみますよね。いつまで続くのだろうと不安にもなると思います。この記事では肺炎の症状はいつまで続くのか、完治までの期間について書いています。

スポンサーリンク


肺炎の期間や完治の目安は?

肺炎は早期に治療を開始すれば症状が悪化せず早めに治りますが、風邪と症状が似ておりなかなか早期の解決は難しいです。結果、症状が悪化してしまうと治療を開始してから1週間かけて症状が改善していきます。

肺炎はまず高熱から始まり徐々に咳が出るようになります。この咳が厄介で、だんだんと酷くなっていき嘔吐を催すほど。治療を開始すると高熱は下がり、身体のだるさなども軽快しますが咳だけは治りません。咳が出なくなり周りや自分自身も治った!と思えるまで1か月かかることもあります。

肺炎の診断はレントゲンで行われますが、完治の目安は肺炎と診断されてから約一か月後に再度レントゲン検査を行い、肺の白い影が消えるか小さくなったのを確認されてからといえます。この間も咳が治ったと思ったらまた酷くなってきた、など症状が悪化したり新たに症状が出た場合は我慢せずに直ぐに病院へ相談してください。

長引く辛い咳の症状を緩和するには

オススメはのど飴です!甘いものよりも龍角散や梅味などさっぱりしたものが良いです。続く咳によって喉も傷んでいますから、のど飴を舐めると少し良くなります。また、のどが炎症していると考えられる場合は冷やすのもお勧めです(個人差がありますので症状が悪化する場合はおやめ下さい)

身体を暖かくして加湿を行い、喉に熱がある場合は冷やす。

肺炎によって身体も弱っていますから無理せずに安静にするのが一番です。長引く咳は本当に辛いですが必ず治りますから頑張りましょう!

授乳中に肺炎になった体験談

さて、私も肺炎になった事がありますので体験談を記しておきます。何かの参考になれば幸いです。長文となりますので興味のある方はどうぞ。

肺炎になった時は子供がまだ0歳7か月の頃で授乳も頻繁にしていました。はじめは夕方に38度の熱が出て風邪かな?なんて思いながらも寝れば治るだろうと特に薬も飲まず寝ました。が、完母で育てていたので夜中も頻回に起きる子供に添い乳しながらなので全く寝れていませんよね。次の日も熱は下がらず…。動くのが辛かったのでもう一日寝れば治るだろうと病院へ行かず。夫は仕事で単身赴任、実家ははるか遠方なため頼れる人はいません。変わらず授乳をしたり上の子の相手や世話をしたりで全く休めないまま。次の日は熱が下がったと思い込んで朝から遠くの実家へ車を走らせました。

スポンサーリンク

実家につくと母親に熱を測りなさいと言われ、まさかの40度越え!すぐに近くのクリニックへ連れていかれました。熱が出てから3日目にして少しコンコンと咳が出てきました。何よりも熱によるだるさが辛い。ここでは高熱から腎盂炎かもしれないから、と尿検査のみ。検査の結果は陰性だったため風邪でしょうとの診断。貰った薬を飲んで一時的に熱は少し下がるものの直ぐに40度台へ。この日の夜から咳が悪化。その後薬を飲んでいても全く良くならず。

下がらない熱と酷くなる咳に肺炎になったのでは?と家族の声により3日後再度クリニックへ。この時は肺の音を聴診器で聞いたドクターが「ああ、肺炎になっちゃったかな」とすぐに分かったようです。レントゲンを撮影してやはり片肺が真っ白に。すぐに大きな病院へ。この時はもう立っているのも辛くて何していても苦しい。大きな病院について看護師さんが横になってて良いよとベッドで診察を待たせてもらいます。呼吸器科のドクターに診てもらい、これは酷いから入院しなさいと言われました。が、授乳をしないといけないのでそれは出来ないと伝えました。ミルクも飲めません。何度か押し問答の末、毎日外来通院で点滴治療と飲み薬で様子を見る事になりました。その日も点滴をしてもらい身体はとても楽になりました。

細菌性とウイルス性のどちらかわからないので両方に効くように薬出すね。と点滴と飲み薬で病気に戦うことになりました。授乳中という事も配慮していただき、母乳に影響はないとのことで安心して薬も使っていました。こんなことなら我慢せず風邪薬を早く飲んでおけば良かったな。と後悔。

5日間点滴に通い、熱はすっかり下がって咳も少し良くなりました。レントゲンの結果はまだ半分ほど白い影があるので1か月後に再検査して下さいとのこと。

肺炎は咳を除き改善したのですが…冬だったからかなんと今度は鼻風邪をひいてしまいました!身体が弱っていたからでしょう。子供が鼻水を出していたので移ったのでしょうね。また肺炎になるのを恐れて直ぐに病院へ。薬を貰い風邪は良くなったものの鼻水が酷くて2週間ほど鼻つまりにより味覚障害。何を食べても飲んでも味がしません。咳も一度落ち着いていたのに風邪によって再び悪化…。咳込んで嘔吐しそうなくらい激しくて苦しい咳です。それでも日にちが経つにつれ日中はあまり出なくなったものの寝ているときは酷かったです。

点滴治療を終えてから約一か月後、ふたたびレントゲン検査。まだ咳も少し出ていて肺にも白い影がわずかにありますが一応は完治とみて良いでしょうとのこと!小さな軽い咳はその後も1か月続きましたが苦しいほどではありません。

授乳中で体力が落ちている事、くすりを飲まなかったこと、直ぐに病院へ行かなかったこと、色々な要因が重なり私の場合は悪化し治るのに時間がかかりました。それからは風邪をひいたら我慢せずすぐに病院へ行くようにしています。肺炎は本当につらいのでもう二度となりたくありません。

ただの風邪と思うなかれ皆様もご注意くださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。