七五三は女の子の場合いつ行うのか。お参りに行く時の服装や場所は?

子供の成長を祝う『七五三』ですが、いざ子供の年齢が近づいてくると『いつ』『どこで』『何を』したら良いのかななんて考えてしまいますよね。私はそうでした。
特に女の子の場合はおしゃれに着物で着飾ってお参りするイメージがありますが実際にはどうしたら良いのか…。そこで女の子の場合いつ七五三のお参りをするべきかまとめてみました。

スポンサーリンク

七五三は女の子の場合いつ行うのか

女の子の場合、七五三のお参りをするのは『3歳』と『7歳』です。数え年とか満年齢とかよく聞きますが、私の場合はとくにこだわらず満3歳で七五三のお参りに連れて行きました。その理由は数えだと実際の年齢-1なので実際には2歳…まだまだ赤ちゃん、着物もうまく着こなせないしじっと座ってることもできるかどうか。いろいろと不安があったので満3歳でしようと思ったのです。調べてみるとどうやら最近は満年齢で参拝される方も多くいるようです。数えでも満年齢でもどちらでも大丈夫とのことでした。
さて、実際にお参りを行う日付ですが調べてみると11月15日でしたが、この日に限らず10月頃から11月中旬にかけて参拝に行くご家庭もあるようです。お参りに行く神社などでいつ祈祷を行っているか調べてみると良いかと思います。我が家は10月中旬に行きましたが祈祷と千歳飴も戴いてきました。11月15日以外でも七五三の祈祷はしてくれるようです。

七五三のお参りに行く時の服装は?

服装は着物でしょ?と思われる方が多いかと思いますが我が家は親も子も普段着(気持ちオシャレして…)で行ってきました。同じように参拝に来ていたご家族を見ると綺麗に着物で着飾って祈祷を受ける子もいれば、普段着で参拝だけ済ませている子もいました。そして我が家は普段着で祈祷を受けてきました!

特に決まりはないようですが写真に残す場合はやはり着物を着せたり洋服でもかわいいワンピースなどが良いと思います。我が家の場合は3歳の誕生日の写真を撮る時に七五三の衣装で撮影したため、参拝時には普段着で行きました。もちろん撮影日とは別に参拝する時に衣装だけレンタルする事も出来たのですが、祈祷はせず参拝だけで済まそうと考えていたので衣装のレンタルはしませんでした。もちろん参拝だけでも衣装を着て行かれても良いと思います。
着物が一般的ですが洋服でも構わないようです。我が家の場合は少しいつもよりオシャレしましたが洋服でした。七五三のお参り前後の予定も考慮されて決めると良いかと思います。

スポンサーリンク

七五三のお参りはどこへ行くのか

七五三のお参りは本来、氏神様がいる地元の神社(住まわれている場所の神社)で行うのが通常です。七五三はその土地で生まれた子供の成長を祝い、神様に感謝する行事です。ですが必ず地元の神社で行わなければならないと決められているわけではありません。離れた場所にある大きな神社へ行きたいと思っているならそれでも構わないという事です。

参考までに我が家は住居を構えている土地から離れた姉の実家がある場所で行ってきました。ちょうど姉の子供も7歳で七五三のお参りを行くから一緒にと誘われた為、一緒に行ってきました。きちんとお参りもしてお守りも戴いて思い出にもなったので良かったです。本来なら地元の神社で行うべきなのでしょうがようは親の気持ち次第ということですね。

まとめ

実際に七五三のお参りに行ってみると考えるほど複雑ではありませんでした。普段着でふらっと参拝に行ったって良いのです。気負わずお参りに連れて行ってあげましょう。もちろんしっかりお祝いしたい!という場合はレンタル衣装などもありますので綺麗に着飾って行かれると良いかと思います。
以前3歳になる娘を七五三のお参りに連れて行った時、目を閉じて両手を合わせて真剣にお祈りしていました。本人はまだ何も理解はしていないでしょうが思い出に残る日となりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。