雛人形の飾りつけはいつからいつまで飾る場所は?

女の子のお祝い『ひな祭り』雛人形も今は多種に渡り色々なものがありますよね。ですがどの雛人形も悩むことは同じ飾る時期ではないでしょうか。3月3日の雛祭りに飾ることは知っていてもいつから飾っていつまでに飾るものなのか気になりますよね。実は正式にこの日に飾らなければならないという決まりはないのです。

スポンサーリンク

雛人形の飾りつけはいつから?

正式に飾る日は決まっていませんが、立春(節分が終わり、厄を払ってから2月4日頃)から飾るのが良いでしょう。せっかくの雛人形ですので飾る時期が短いのも寂しい気がします。遅くとも雛祭りの2週間前までには飾っておきたいものです。雛人形は湿気を嫌いますので出来れば天気の良い日に飾ることを心がけたいですね。

雛人形の飾る場所に決まりはあるの?

飾る人同じく飾る場所も特に決まりはありませんが、飾らない方が良いとされている場所があります。気にならない方はどこでも良いと思いますが風水上では雛人形を玄関に飾るのは良くないといわれています。風水では良い『気』が玄関から入ってきますので、そこに人形があると良い『気』が家の中へ入らず玄関先の人形に流れ吸い込まれてしまうと考えられています。

雛人形はお子様のお守りですので常に目に届くリビングが最適でしょう。子供がいたずらして壊してしまうのでは?と心配される方もいるかもしれませんね。ですが意外と子供も厳かな雰囲気を感じるもので、触ると壊しちゃうからね。と言い聞かせればわかってくれます。飼い猫が近くを通ると壊れちゃうからダメ!と猫に怒っています。

雛人形はいつまで飾りいつ片付けるべき?

3月3日の雛祭が終わったらすぐに片付けなければお嫁に行けない。なんて昔はよく聞きましたがそんな事はありません。だらだらといつまでも出しっぱなしなのが良くない、そんなことじゃお嫁にいけない。としつけの一環で言われていた迷信です。

スポンサーリンク

雛人形をしまう日は慌てずに天気が良く晴れて湿気の少ない日に片付けを行ってください。雛人形は湿気を浴びて長期保存されると傷んでしまいます。雛祭りが過ぎ2週間を目安に天気が良い日に片付けましょう。

まとめ

雛人形を飾る日付や場所に決まりはありませんが、雛人形を購入してくれるのは親の両親といわれています。おじいちゃんおばあちゃんの目もありますから突飛な場所は選ばず、いつまでも長く飾って放置しないようにしましょう。子供と一緒に飾り、一緒に片付けをして習慣を教えていきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。