ノロウィルスの感染経路と潜伏期間や症状は?

冬が近づき寒くなってくると心配なのがノロウィルスの話題ですよね。冬になると流行しやすいので早めに予防対策しておきたいところ。ノロウィルスは感染力がとても強いので気を付けていても感染してしまうことも。何もせずに感染してしまうと家族にどんどん感染が広がり大変なことになりますので最低限の知識を持っておくと良いと思います。

スポンサーリンク

ノロウィルスの感染経路は?

一体いつどこで感染してしまったのか気になる感染経路は主に3種類です。

  1. ノロウィルスに汚染されたカキや貝類を十分に加熱せず生で食べた場合。
  2. ノロウィルスに感染した人が十分に手を洗わずに調理を行い食品がウィルスに汚染され、その料理を食べた場合。
  3. ノロウィルスに感染した人の糞便や吐しゃ物を処理した後、手についたウィルスや残ったウィルスが口から取り込まれた場合。

ノロウィルスは直接食事で感染する『経口感染』、感染者の排出物に触れることで感染する『接触感染』『飛沫感染』、排出物の処理後に残留したウィルスが乾燥し舞い上がることによる『空気感染』があります。たとえば感染者が使用した後のトイレの便座からも感染しうるのです。

ノロウィルスの潜伏期間と症状は?

ノロウィルスの潜伏期間は1~2日で主な症状は吐き気・嘔吐・下痢です。そのほかにも腹痛や頭痛、発熱や悪寒、筋痛、咽頭痛など風邪のような症状がおこる場合もあり判断に迷う場合もあります。また、感染していても軽度の吐き気で済んだり下痢のみだったりと全ての方に同じ症状が起きるとは限りません。症状が出てから2~3日で軽快しますがウィルスの排出は1~2週間ほど続くと思っていた方が良さそうです。

ノロウィルスを防ぐには

ノロウィルスに感染しないためには日ごろから感染対策を気を付けていきましょう。

スポンサーリンク
  • 帰宅後の手洗いとうがいを丁寧に行う。
  • 食事前やトイレの後は手洗いをする。
  • 食品は十分に加熱調理する。

また、感染の疑いがある場合や感染者が家庭内にいる場合は症状が出ていなくても共同のトイレやお風呂、調理器具、手すりやドアノブなど手に触れる部位の消毒と頻繁に手を洗う事を意識してください。今はドラッグストアなどでノロウィルス対策用の消毒剤が売っていますので購入しておくと良いかもしれません。食品に使える消毒剤もあります。

まとめ

私も過去に一度だけノロウィルスに感染したことがありますが、軽度の吐き気から始まり突き上げる嘔吐を数回し1日寝ていたらすっかり元気になりました。下痢はしなかったので軽い方だったのかもしれません。それでも二度と感染したくないなと思います。とにかく手洗いはよく行うようになりました。また冬になると牡蠣がおいしくなる時期ですが生では食べずしっかり加熱しています。

最も感染しやすいのはトイレかなと思います。家のトイレを毎日掃除を行い、外出時のトイレでも感染する可能性がありますので備え付けの便座を拭く消毒液がある時は利用をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。